足痩せでダイエットを目指すときには、やみくもにダイエットしてもなかなか効果が出てきません。効率よくダイエット効果を出すためには、どのような方法でダイエットするのかが大切です。ダイエットをして足痩せを達成したいなら、足を使うような筋トレが向いています。適切でない方法で筋トレを続けていると、筋肉がつきすぎて足つきがごつくなってしまう可能性も存在します。筋肉を付ければ脂肪が燃焼されやすくなるため、初めから激しい筋トレをしてしまう人がいますが、その方法は間違っています。筋トレのやりすぎで、脂肪を使うより筋肉がつくスピードのほうが早くなってしまうと、足は太さが増します。足痩せのためには、有酸素運動の軽めのものから開始して、代謝をよくして脂肪を燃焼させる必要があります。有酸素運動を行った後に、筋肉を付けることを目的としたトレーニングによってダイエットに繋がり、リバウンドもしにくくなります。スクワットは、スペースをあまり必要としない有酸素運動です。ランニングや、ウォーキングもいいですが、屋内ではなかなか困難です。もしもスクワットをするなら、体が前へ倒れすぎないようにしましょう。体が真っ直ぐに伸びていたほうがダイエットには効果的です。背中をできるだけ真っすぐにして行い、反り返ると腰の痛みに繋がるので注意が必要です。もしも、ダイエットのためにスクワットを行う場合は、膝に負荷がかからないよう、つま先より膝が前に出ないような姿勢で運動をするようにしましょう。